3607285_m.jpg

ビワキューとは

ビワ葉エキス温圧療法

~ビワ療法の歴史~

ビワの葉を使った療法は今から1500年ほど前に中国から伝わりました。当時、病に苦しむ人々のために光明皇后が「施楽院(現在の病院の原型)」を創設され、救済のためにビワ葉療法が用いられました。この時代のビワ葉療法は、ビワの葉を患部に当てる方法でした。その後、ビワの葉を当てた上からモグサをするという方法が生まれ、これが後に「ビワ葉温圧療法」として広まっていったのです。

~現在のビワ療法~

本来、ビワ葉を肌に置き、その葉の上にモグサの熱源を用した方法でしたが、火傷や火災の危険があり、単独で行うには困難な技法でした。そこで、ビワキューの機器を開発し、棒状モグサやビワ葉エキスを用いて、簡単に出来るようにしたのがビワ葉エキス温圧療法(ビワキュー)です。ビワキューはビワ葉エキスの作用と温熱を繰り返しと快癒点を刺激することで、気血水の流れを活性化されることができるのです。

ビワキューは鍼灸の技法に調和したもので、自然治癒力を発揮させ、現代病の原因である痛みと瘀血に対応できる速効療法です。ビワには沢山の栄養(アミグダリン、ビタミン、ミネラル)が含まれており、体の中の不必要な物だけを壊し、身体を良い状態に整える働きがあります。


ビワキューほのかでは、日本ビワ温圧療法師会の資格を持つ療法師が施術を行っております。